オンブズマン活動を通し、
介護保険を真に
利用者のための制度に

基本スタイルは「告発型ではなく橋渡し役」

介護の社会化を進め、高齢者が安心して暮らせる社会を実現することを目的に、2000年4月からスタートした介護保険制度。この制度によって、介護サービスは行政による「措置」から、利用者がサービスや事業者を選ぶことができる「契約」へと大きく転換しました。 

O-ネットは、「告発型ではなく橋渡し役」を基本スタイルに、介護サービスの向上に関心のある市民に専門研修を行い、市民オンブズマンとして介護現場に派遣する活動を通して、利用者と事業者との間に、いっそうのコミュニケーションや理解を促し、よりよい介護サービスの実現に寄与していきます。また、市民オンブズマン活動から「見えてきたもの」を積極的に社会に発信していくことを通して、人生の最晩年を心安らかに過ごしていくには「何が求められるのか」を、利用者・家族・事業者・社会など、さまざまな角度から考えていきます。

そして、こうした活動を通して、介護保険がめざす「市民参加」のコンセプトを社会に根付かせ、介護保険を真に利用者のための制度として機能させていく――。それが、O-ネットのミッション(社会的使命)です。